スクワット 下半身強化 筋トレダイエットでメタボ解消!
 
スクワット 下半身強化 肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!
  筋トレ:下半身強化 スクワット
 
 
 
 
 
アラフォーメタボの筋トレ入門

筋トレ入門 リスト


 
 

肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消! 注意点

中年メタボの肉体改造 筋トレダイエットで脱メタボ当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。各自自己責任で行って下さい。

肉体改造.com トップページに戻る

実践!ダンベル・トレーニング 肉体改造法

   下半身強化 スクワット 1

スクワットにも色々の種類があります。
ハーフ・スクワット、フル・スクワット、ジャンピング・スクワット、そしてダンベルを持つなどして負荷をかけておこなうダンベル・スク
ワット等々。

●ハーフ・スクワット
ひざの角度が90度になったところで止めるスクワット


●フル・スクワット
ハーフ・スクワットより深い。足を平行よりも深く曲げるスクワット

●ジャンピング・スクワット
膝を伸展するときに飛び上がる(ジャンプ)しておこなうスクワット

●ダンベル・スク
ワット
ダンベルを持っておこなうスクワット

スクワットの種類による詳しい効果については、専門書を読んでもらいたいと思いますが、
私は、ジャンピング・スクワットとダンベル・スクワットを組み合わせてやっています。
ダンベルは5kg×2です。

ただ、最初からジャンピング・スクワットとダンベル・スクワットでは、負荷が強すぎるのでハーフとフルから始められたらいいと思います。
回数も決して無理はせず、「ちょっとした無理」を積み重ねましょう。
そして段々と筋肉がついてきたら、ジャンピング・スクワットとダンベル・スクワットにして負荷をかけていくのがいいでしょう。

※スクワットの注意点
膝を曲げたときに重心が前にいき過ぎ、膝がつま先よりも前に行かないようにします。つま先よりも前に行ってしまうと膝に負担がかかり、膝を痛める原因になります。
また、背中を丸めないように伸ばして、お尻を突き出す感じでしゃがむようにします。前傾してしまうと腰に負荷が掛かり過ぎて、腰を痛める原因になります。



次のページへ⇒スクワットの要領



肉体改造.com トップページに戻る


 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。  
肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!