「冷やし茶漬け」にお通じ改善、大腸がん予防、節電効果
 
肉体改造.com 「冷やし茶漬け」にお通じ改善、大腸がん予防、節電効果
  肉体改造最新ニュース
 
 
肉体・筋トレ・ダイエット改造最新ニュース 肉体改造.com

肉体改造最新ニュース

 
 

肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消! 注意点

中年メタボの肉体改造 筋トレダイエットで脱メタボ当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。各自自己責任で行って下さい。

肉体改造.com トップページに戻る

   肉体改造最新ニュース

 ■「冷やし茶漬け」にお通じ改善、大腸がん予防、節電効果 (2011/06/21)

ご飯を炊くと、米に含まれるでんぷんは、消化しやすくなり、甘みが出る。しかし、ご飯が冷える時に、消化されにくい「レジスタントスターチ」という成分がつくられるという。この効果を利用できるレシピが「冷やし茶漬け」。消化に時間がかかると、血糖値の上がり方がゆるやかになり、インスリンというホルモンの分泌量が少なくなる。

インスリンには、脂肪細胞の中で、余分な糖を脂肪に作り変えたり、すでに蓄積された脂肪が分解されるのを防いだりするはたらきがある。つまり、インスリンの量を減らすことで、「体が脂肪を蓄積しようとするはたらきが抑えられ、太りにくくなる」ということなのだ。消化しにくいでんぷんには、食物繊維に似た効果があり、お通じの改善や、大腸がんの予防につながる。これだけメリットがあるなら、暑い夏にわざわざご飯を温め直して食べるのはもったいない。


NEWS ポストセブン より転載

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110621-00000016-pseven-soci

 


肉体改造.com トップページに戻る


 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。  
肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!