ストレッチ・トレーニング 筋トレダイエットでメタボ解消!
 
ストレッチ・トレーニング 肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!
  ストレッチ・トレーニング
 
 
 
 
 
中年メタボの肉体改造 筋トレで脱メタボ

腹筋を6つに割る方法
ストレッチ・トレーニング
太らないための食事の食べ方

 
 

肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消! 注意点

中年メタボの肉体改造 筋トレダイエットで脱メタボ当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。各自自己責任で行って下さい。

肉体改造.com トップページに戻る

ストレッチ・ストレッチングトレーニング

ストレッチ・ストレッチングトレーニング

ストレッチ・ストレッチングトレーニング  

ストレッチとは

ストレッチ(Stretch)は、正式にはストレッチング(Stretching)が正しい名称です。
当サイトでは、一般的な「ストレッチ」という表記にさせて頂きます。

「ストレッチ」という用語は、1970年頃からアメリカのスポーツ科学者の間で使われ始め、1970年代後半より日本でもその概念が広がった新しい用語です。

ストレッチとは、主に「筋肉を伸ばす行為」全般を意味します。

ではストレッチは何のためにやるのか?
ストレッチの効果は、筋肉が伸びやすくなり、それにより関節が大きく動くようになることです。また、疲労により固くなった筋肉をほぐす効果もあります。
他には、精神的なリラックス効果もあげられます。


筋肉の縦方向への伸びやすさ筋肉の「縦断的な柔軟性」といい、筋肉の柔らかさ筋肉の「横断的な柔軟性」と言います。

まず筋肉の伸びやすさ、筋肉の縦断的柔軟性を見ていきます。
ストレッチの一番の効果は、柔軟性の向上です。

「柔軟性」とは、関節可動域の大きさ、「関節がどれだけ大きな範囲で動くか」ということです。
関節可動域の大きさは、「筋肉が走行方法(縦方向)にどれだけ長く伸びるか」で決まります。

筋肉の縦方向への伸びやすさを、筋肉の「縦断的な柔軟性」と言います。

関節可動域が拡大することによるメリット

1,動作の幅の拡大・動作のスムーズ化

関節可動域が広がれば、それだけ動作の幅が広がります。
また、関節可動域に余裕ができると動きもスムーズになります。

空手やキックボクシング、クラシックバレエや新体操など、足を高く上げる競技にとって、関節可動域の広さは極めて重要な要素になります。

2,ケガの防止予防

関節可動域に余裕があることでケガの防止になります。
例えば、股関節の可動域が小さいほど、ハムストリング(※1)の肉離れのリスクが高くなることが分かっています。

可動域に余裕がないと、動作中に筋肉に余分な負担がかかるからと考えられます。

※1,大腿(だいたい)後面にある、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋などの総称。


次に、筋肉の柔らかさ、筋肉の横断的柔軟性を見ていきます。
横断的柔軟性とは、筋肉を触ったときの柔らかさのことです。

筋肉が硬くこわばっているか、柔らかくほぐれているかというコンデションはとても大切です。

動かずにいたり、力が入った状態でいると、筋肉は硬くなっていきます。
寝起きや、同じ姿勢を続けた時などがその状態です。
また、筋肉痛や疲労が溜まっているときは筋肉が硬くこわばっています。

ストレッチは、疲労が溜まった緊張状態の筋肉をほぐすことができます。
筋肉の緊張を解くことで、血液の循環を良くする効果が認められているのです。
また、肩こりや腰痛の対策として、筋肉のこわばる悪循環を改善する効果もあります。

ストレッチの横断的柔軟性効果の結論ですが、

ストレッチは筋肉のこわばりをとり、血液循環を促進することで筋肉のコンデションを改善します。コリや疲労回復の効果もあり、筋肉痛を軽減させるという報告もあります。



1
2
3


肉体改造.com トップページに戻る


 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。  
肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!