太らないための食事の食べ方 食事の量 筋トレダイエットでメタボ解消!
 
ストレッチ・トレーニング 肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!
  太らないための食事の食べ方 食事の量
 
 
 
 
 
中年メタボの肉体改造 筋トレで脱メタボ

腹筋を6つに割る方法
ストレッチ・トレーニング
太らないための食事の食べ方

 
 

肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消! 注意点

中年メタボの肉体改造 筋トレダイエットで脱メタボ当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。各自自己責任で行って下さい。

肉体改造.com トップページに戻る

太らないための食事の食べ方

 3,食事の回数

食事の回数は1日3回が基本となっていますが、ダイエットするために1食減らして2食にしている方も大勢いるでしょう。
ですが、回数を2回にしたからといって、必ずしも痩せるわけではありません。

そこで、食事の回数について見ていきましょう。

食事と食事の間隔が空き過ぎると、体は空腹時低血糖状態になり、血糖値の変動幅が大きくなるため、それを抑えようとインスリンが分泌されます。
その結果、糖を脂肪の合成にまわすようになり、脂肪がたまりやすくなるのです。

ですから、1日の食事の回数を2回にすると、食事の間隔がかなり空くので、次の食事で血糖値が急激に上がって脂肪がつくられるようになってしまいます。

血糖値の変動を緩やかにするためには、食事の間隔を4〜6時間程度にするのが理想的といわれています。

ダイエットのためと朝食を抜く方がいますが、そうすると前日の夕食から昼食までの間隔がかなり長いため、体は飢餓状態になり、昼食が体脂肪の原因になってしまいます。

1日に同じ量の食事をした場合、1日2食にするより、1日に3食にしたほうが、小分けして食べている分、中性脂肪に蓄えられる量が少なくなるので太りにくくなります。

ですから、1日2食にして1食を腹一杯に食べるのは絶対禁物です。
きちんと3食に分けて食べるようにしましょう。


※以下は後日アップします。



1
2
3
4
5


肉体改造.com トップページに戻る


 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。  
肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!