管理人 肉体改造メモ 筋トレダイエットでメタボ解消!
 
第1段階 ダイエット 肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!
   
 
 
管理人 筋トレblog 備忘録

肉体改造メモ

 
 

肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消! 注意点

中年メタボの肉体改造 筋トレダイエットで脱メタボ当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。各自自己責任で行って下さい。

肉体改造.com トップページに戻る

肉体改造メモ

   睡眠不足はメタボの原因の一つ。ぐっすり眠るコツとは?

 

201311月03日

去る10月27日、原宿にて、トークイベント『“ぐっすり。”明日のパフォーマンスを全開にする! 質のいい睡眠をとる方法』が開催された。

同イベントは、NPO睡眠文化研究会事務局長であり、睡眠改善インストラクターでもある鍛治 恵氏の著書『ぐっすり。』(発行:新潮社)の刊行記念として行われた催し。

鍛治氏は「睡眠と運動」についてもふれ、眠らないと太りやすくなることや、自分の体温リズムを把握して体温が高いときに運動をするのが良いと説明。
体重と活動量と睡眠は密接に関係しているため、近年登場している活動量計(ウェアラブルデバイス)を利用して体調管理をする方法もオススメしていた。

睡眠と体重が関係していることは以前から分かっています。

睡眠不足になると、満腹感を感じるレプチンというホルモンが低下し、食欲を刺激するグレリンというホルモンが増加します。
ホルモンの分泌が異常になるために、満腹感が得られず食べ過ぎてしまい、肥満に繋がるわけです。
つまり、睡眠不足が過食を助長するということです。

しかしなかなかストレス社会の日本では、良質の睡眠がとれない日本人はとても多いでしょう。
先述の鍛冶氏は良質な睡眠をとる方法として、以下の点をあげています。

■よく眠るための方法
 ・自分だけの入眠儀式を作ろう
 ・ブルーライトは眠りの大敵
 ・眠りの入り口は「ぬるめのお風呂」
 ・首の後ろを温めよう ※特にシャワー時

■ぱっちり目覚める方法
 ・朝一番、まずはカーテンを開けよう
 ・洗面所にペットボトルを置いておこう
 ・どうしようもなくツライ朝の特効薬はシャワー
 ・早起き生活は、「毎朝5分ずつ」


なかなかダイエットできない、そんなに食べていないのにすぐ太るという方は、睡眠に問題がある可能性もありますので、気をつけてみて頂きたいと思います。



ぐっすり。: 明日のパフォーマンスを全開にする快眠処方箋60




肉体改造.com トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。  
肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!