管理人 肉体改造メモ 筋トレダイエットでメタボ解消!
 
第1段階 ダイエット 肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!
   
 
 
管理人 筋トレblog 備忘録

肉体改造メモ

 
 

肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消! 注意点

中年メタボの肉体改造 筋トレダイエットで脱メタボ当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。各自自己責任で行って下さい。

肉体改造.com トップページに戻る

肉体改造メモ

   「サルコペニア肥満」 メタボリックシンドロームに続く新たなリスク

 

20139月15日

メタボリックシンドロームに続く新たなリスクとして、最近にわかに注目を集めている「サルコペニア肥満」をご存じだろうか。

ギリシア語の「サルコ=筋肉」「ペニア=低下」を合わせた造語で、体重は変わらないのに筋肉がやせ細り、代わりに脂肪が蓄積されるタイプの肥満症のことだ。

生活習慣病になるリスクは普通の肥満の約2倍というサルコペニア肥満。その他の肥満症と異なり、単に脂肪を落とすダイエットをすればいいというものでもないようだ。

「大事なのは“筋肉率”を上げること」だと渋谷DSクリニック・林博之院長は言う。

「サルコペニア肥満」、初めて聞きました。

筋肉が痩せ細り、脂肪が増えていく肥満ということですが、これは私がよく「カエル体型」の人が典型例ではないでしょうか。

あなたの周りにもいませんか?
お腹だけぽっこり出ていて、手や足は細い人です。
中高年男性に多いですよね。

筋肉こそが、基礎代謝を上げる最大の戦力ですから、筋肉が減っていくとどうしても肥満になりやすくなります。

ですから当サイトでは、健康的にダイエットしたければ筋トレして筋肉とつけることだと、繰り返し力説しているのです。

体重に占める筋肉の割合を〈筋肉率〉といいますが、筋肉率の標準値は男性が31〜34.9%、女性が26〜27.9%だそうです。
この値を下回る人は黄信号で、体にとって様々な悪影響を及ぼすということです。

肥満、メタボの最大の敵には、筋肉が減ることです!


「サルコペニア肥満」に注意しましょう!



肉体改造.com トップページに戻る



 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。  
肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!