メタボリック・シンドロームの基準 筋トレダイエットでメタボ解消!
 
メタボリック・シンドロームの基準 肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!
  メタボリック・シンドロームの基準
 
 
筋トレで脱メタボ 肉体改造.com メタボリック基礎知識
メタボリック・シンドロームとは
メタボリックの原因
メタボリックの基準
メタボリックと病気の関係
メタボリックの予防対策

 

肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消! 注意点

中年メタボの肉体改造 筋トレダイエットで脱メタボ当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。各自自己責任で行って下さい。

肉体改造.com トップページに戻る

   メタボリック・シンドロームの基準

 

メタボリックシンドロームという名称は、1999年にWHOが提唱したもの。日本では、2005年に独自に診断基準が作られました。その後、2008年4月から、生活習慣病の予防を推進するための施策として「特定健診」が開始されました。これは、メタボリックの考え方が反映されています。

では、どのような状態だとメタボリックシンドロームと診断されるのでしょうか?
現在の診断基準をチェックしてみましょう。

1の腹囲の診断基準に当てはまり、2のA〜Cのうち2つ以上に当てはまると、メタボリックシンドロームと診断されます。

1,腹囲(おへその高さ)
男性 85cm以上
女性 90cm以上

<腹囲の測り方>
立った姿勢で軽く息を吐き、おへその高さで水平に計ります。

2, A〜Cのうち2つ以上当てはまる
A.脂質
・中性脂肪 150mg/dl以上
・HDLコレステロール 40 mg/dl以上
→少なくとも片方に当てはまる

B.血圧
・収縮期血圧 130mmHg以上 
・拡張期血圧 85 mmHg以上 
→少なくとも片方に当てはまる

C.血糖
・空腹時血糖 110mg/dl以上


肉体改造.com トップページに戻る


 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。  
肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!