メタボリックシンドロームの原因 筋トレダイエットでメタボ解消!
 
メタボリックシンドロームの原因 肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!
  メタボリックシンドロームの原因
 
 
筋トレで脱メタボ 肉体改造.com メタボリック基礎知識
メタボリック・シンドロームとは
メタボリックの原因
メタボリックの基準
メタボリックと病気の関係
メタボリックの予防対策

 

肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消! 注意点

中年メタボの肉体改造 筋トレダイエットで脱メタボ当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。各自自己責任で行って下さい。

肉体改造.com トップページに戻る

   メタボリックシンドロームの原因

 

■概要

メタボリックシンドロームの原因は、人それぞれではありますが、一般に過食と運動不足が大きな原因です。食事で摂取する、カロリーが多すぎると、消費しきれずに、余分な部分を体に蓄えてしまい、肥満になってしまいます。

特に最近では、欧米型の食生活や外食が増え、その結果、カロリーの過剰摂取に共なう肥満。野菜、海草類不足によるビタミン、ミネラルの不足などになる人が増えて居るのが現状です。

肉食は、カロリーも高く、コレステロールや脂肪分の蓄積に関係してきます。
野菜を多く取る事が、肥満対策につながります。

日常生活の中で積極的に体を動かすこと。できるだけ乗り物は利用しないで歩く、エスカレーターやエレベーターは使わないで階段を昇る、家でも職場でも他人に用をたのまず自分でするなどの積み重ねが、内臓脂肪を減らすのに大きく役立ちます。

その上で、運動を習慣にしたいものです。ウオーキング、軽いジョギング、サイクリング、水泳など、軽めの運動で結構です。体にたまった脂肪を減らすには、息が切れるような激しい運動は不適当で、呼吸が十分できる、ややきつい程度の運動(有酸素運動)がいいのです。

運動は消費エネルギーを増やすとともに、筋肉量を増やして基礎代謝を高める効果もあります。基礎代謝が増えれば、減量のあとのリバウンドもおこりにくくなりますし、太りにくい体になります。減量を進めるとき、食事とともに運動が重要なのはこのためです。



肉体改造.com トップページに戻る


 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。  
肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!