管理人 肉体改造メモ 筋トレダイエットでメタボ解消!
 
肉体改造.com 20歳の時よりも5kg以上太った人はハイリスク!? 糖尿病のリスクと予防
   
 
 
肉体・筋トレ・ダイエット改造最新ニュース 肉体改造.com

肉体改造最新ニュース

 
 

肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消! 注意点

中年メタボの肉体改造 筋トレダイエットで脱メタボ当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。各自自己責任で行って下さい。

肉体改造.com トップページに戻る

肉体改造メモ

   睡眠不足はメタボを招く!? 過食の要因に

 

20123月27日

1日24時間のうち、睡眠時間を減らして日中の活動量を増やすと、肥満を防ぐことができそうだが、実はその逆。米国の研究で睡眠不足はメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を招くことが分かってきた。食事と運動、そして適切な睡眠があって初めて生活のリズムが整うという。睡眠の質や時間とメタボはどのように関係しているのか、“睡眠治療”のスペシャリストである日本大学医学部付属板橋病院睡眠センター長の赤柴恒人教授に聞いた。(大家俊夫)

◆ホルモンの分泌狂う 満腹感得られず過食の要因に

「睡眠不足の人は太りやすいということは、米国の研究論文をはじめ、世界の研究者によって疫学的に証明されている」と赤柴教授は語る。

その研究の一つが米国のシカゴ大学による研究だ。同研究では、4時間の睡眠時間で2日間過ごした後と、10時間の睡眠時間で2日間過ごした後のホルモン量を同じ若者12人で比べたところ、4時間睡眠の場合、満腹感をもたらすホルモンであるレプチンは下がり、食欲を刺激するグレリンは上がるという結果になった。レプチンは脂肪細胞から出るホルモンであるのに対し、グレリンは胃から出るホルモンだ。赤柴教授は「これらのホルモンの分泌が狂うと、満腹感が得られず、食欲が増進され、肥満につながるという負のスパイラルに陥ってしまう。睡眠不足は過食をもたらすことが、科学的に明らかになった」という。

睡眠不足は肥満にとどまらない。メタボの先にある糖尿病につながることもシカゴ大の別の研究で示されている。この研究では、健康な若者11人が参加し、4時間の睡眠時間で6日間過ごした。その結果、11人とも耐糖能障害(ブドウ糖を処理する能力が落ちた状態)、糖尿病の一歩手前の状態になったという。その原因は血糖値(血液中のブドウ糖の量)を下げる働きをするホルモンであるインスリンの効きが悪くなる状態、つまり「インスリン抵抗性」に陥ったことになる。また、睡眠不足による過度の緊張から高血圧症になる可能性もあることも報告されている。

「メタボや糖尿病、高血圧、高脂血症などの治療を医師の指示どおりに行っている人で、数値や体調が思うように改善しない場合に、睡眠不足が思い当たる人は、十分な睡眠時間を確保することで改善する可能性は高い」という。

産経新聞 3月27日(火)17時20分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120327-00000572-san-soci



肉体改造.com トップページに戻る


 
  このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。  
肉体改造.com 筋トレダイエットでメタボ解消!